読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古川日記

コンピュータ関連色々

GPIBアダプタ来た

Agilentの82357B

*IDN?とかのコマンドって、GPIBコマンドっていう括りだと思ってたけど

SCPIコマンドっていうらしい。

Standard Commands for Programmable Instruments

知らなかった。

 

プログラム書いて計測器達の操作を自動化して

納品時の試験リストを勝手にやってくれるようにしたい。

そのためのライブラリがVISA,VISA-COMだったりするけどこれらは

Agilent IO Library Suiteに含まれている。

VISA-COMのCOMは多分Common Object Modelの略称としてのCOMで

COMインターフェイス経由でExcelからもアクセス出来るっぽい。

VBA書く必要あるけど。

 

VISAってのはVirtual Instruments Software Architectureの略で、

IVI Foundationなる団体が標準化している規格のようです。

IVIはInternational Virtual Instrumentsのことだろう。

 

VISAライブラリを使ったC言語のサンプルはこんな感じです。

C#で書くとは思うけどイメージつかめるように(誰が)貼っておく。

 

#include <visa.h>
#include <stdio.h>
void main () {

    ViSession defaultRM, vi;
    char buf [256] = {0};
    /* Open session to GPIB device at address 22 */ viOpenDefaultRM(&defaultRM);
    viOpen(defaultRM, "GPIB0::22::INSTR",VI_NULL,VI_NULL, &vi);

    /* Initialize device */
    viPrintf(vi, "*RST\n");
    /* Send an *IDN? string to the device */
    viPrintf(vi, "*IDN?\n");

    /* Read results */
    viScanf(vi, "%t", buf);
    /* Print results */
    printf("Instrument identification string: %s\n", buf);

    /* Close session */
    viClose(vi);
    viClose(defaultRM);
}